Hagetaka.work / 大学生がお得に旅行する情報を公開中

大学生が自由に国内外問わず旅行した様子をブログにしています。

【旅行記】[アジア・欧州周遊㉑]北京首都国際空港 中国国際航空 ビジネスラウンジ

 
前回の記事はこちら

 

ラウンジで暇すぎて死にそうになる

 

出国審査・セキュリティーチェック

 

f:id:hagetaka_traveler:20181105002457j:plain

北京は始めてなので市内に行ければとは思いましたが、英語が全く通じず旅行者にとって世界一厳しい国である中国ということもあり、今回は空港内を散策するだけにしました。
 
空港はかなり大規模でした
 
入国審査とセキュリティーチェックを行います

 

これにもまあまあ時間がかかりました

 
中国は機内にモバイルバッテリーを持ち込むのにも制限をしているのでとにかく面倒です。
 
北京首都国際空港で使えるラウンジは中国国際航空のビジネスラウンジ1ヶ所みたいです。そこに直行します。
 

ラウンジ滞在記

 
レセプションで搭乗券の確認を行った際に、「香港でもらったワルシャワ行きの搭乗券には搭乗口の記載がないから気をつけてね」などと気の利いたことも言ってくれました。
 
ラウンジ内はこのような感じで広々としています。 

f:id:hagetaka_traveler:20181105002706j:plain

フライトインフォメーションを見ると、深夜には日本からは飛んでいないヨーロッパの都市へのフライトが多くあります。
羽田や成田もこのように就航地を増やしてもらいたいものですが、なかなか厳しそうです
そして、中国国際航空の就航地の多さも目を引くものがあります。

f:id:hagetaka_traveler:20181105003104j:plain

f:id:hagetaka_traveler:20181105003136j:plain

f:id:hagetaka_traveler:20181105003207j:plain

f:id:hagetaka_traveler:20181105003242j:plain

中国国際航空Wikipediaにはこれだけの載っていまいした
デイリー運行ではなく、週3〜4便で様々な場所へ飛ばすスタイルは悪くないです。是非JALANAにも頑張って欲しいです。
 
ラウンジ内で夕食を頂きます。

f:id:hagetaka_traveler:20181105003725j:plain味は機内食と比にならないほど美味しかったです。ワルシャワ行きの機内食も期待できないのでとにかくここで食べれるだけ食べます

 

9時ごろには食事も終えましたが、出発予定時刻はAM02:55です。
そしてフライトインフォメーションを見ると、遅延しており3:30に変わっています。
眠いですが、変に寝ることによってシンガポールのときのように乗り過ごすわけにもいかないので読書などで必死に時間を潰します。

www.hagetaka.work

羽田に向かう前に新宿の紀伊国屋で『ナナメの夕暮れ』(若林正恭)を買ったのですが、このラウンジ内で読破してしまいました

https://www.instagram.com/p/BnVWP2LlFmW/

本当は2週間の旅はこの1冊で大丈夫だろうなんて考えていたのですが…
KLやシンガポールには紀伊国屋といった日系の書店があり、日本と同じように日本語の本を売っています(もちろん少し高くなるのですが)
これならば何かもう1冊買うべきでした 

ナナメの夕暮れ [ 若林 正恭 ]

価格:1,296円
(2018/11/5 12:08時点)
感想(4件)

インターネットも使えず暇つぶしができないのは、たとえどんなにこのラウンジサービスがよくても辛いものです。
 

 
日付が変わって2時過ぎに搭乗ゲートに向かうことにしました
早いのはわかってましたが、まあしょうがないです
 
 
YouTubeに動画投稿はじめました

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 旅行ブログ 学生一人旅へ
にほんブログ村