Hagetaka.work / 大学生がお得に旅行する情報を公開中

大学生が自由に国内外問わず旅行した様子をブログにしています。

【旅行記】[アジア・欧州周遊㊳]ラマダアンコール イスタンブールエアポート 宿泊記

 

前回の記事はこちら 

 
ラトビアの首都であるリガからターキッシュエアラインズに乗ってイスタンブールに到着しました
 

宿泊記

空港からの送迎

今回空港に到着したのは夜の10時ごろ
いつもなら空港で野宿でしたが、今回は空港近くのホテルを予約していました
理由は
・治安面に不安があった(初めて使うので不慣れな点もあります)
・物価が欧州各国に比べて安い
などなど
 
エクスペディアで無料のシャトルバスがあるホテルを探してここを予約しました
朝食込みで6500円

f:id:hagetaka_traveler:20181202213139j:plain

 

ホテルに「日曜日に泊まるんだけど、シャトルバスのダイヤを教えて」と個別にメッセージを送って返信ももらいました

 

f:id:hagetaka_traveler:20181202213458j:plain

リンクにはバスダイヤが

f:id:hagetaka_traveler:20181202213604j:plain

Except for Sundayというのが物凄く不安ですが、ホテルに確認しているので大丈夫だと自分を信じ込ませました
 
空港に到着してシャトルバスが停まるバス停へ向かいます
タクシーの客引きがものすごい量いたのが印象的です
トルコはやっぱりヨーロッパというより中東って言われた方がしっくりきます
 
様々なホテルのシャトルバスのバス停周辺に着きましたが、泊まる予定のホテルのがみつかりません
タクシーのドライバーと思われる人が WHAT HOTEL!! という大変シンプルな英語で話しかけてきます
その質問に答えると、一緒に探してくれたのですがやはりみつかりません
 
PHONE NUMBERと言われたので見せると、ホテルに電話で連絡を取ってくれるほどの優しさに感動です
 
トルコ語でいろいろ話した後、TODAY NO SERVISEと言って電話を貸してくれました
ホテルのスタッフはさすがに英語は流暢で、「日曜日はシャトルバスサービスはやっていません」と…
じゃあ今からどうやってホテルに行けばいいのかと聞くと、「タクシー」との答え
 
何のためにこのホテルを予約したのかわかりません
しょうがないので目の前にいる携帯を貸してくれたドライバーに運転をお願いすることに
 
「トルコ通貨を持っていない」と言ったのですが、currencyという言葉がどうやら理解できないらしく、WHAT? WHAT?と叫んでいます
No Turkey Moneyとゆっくり言うと、
GO ATM! GET MONEY!!
トルコはユーロではない上に1泊しかしないのでトルコの通貨であるリラは引き出したくありません
 
HOW MANY EURO
と言われたのです、小銭だけだと30ユーロ近くあったのですが、札は10ユーロしか持ってませんでした
 
10 EURO PLUS ××リラ
 
ぼったくり価格だとは思いますが、合計して2000円程度だったと思います
結局途中でトルコの通貨であるリラを引き出してホテルに連れて行ってもらいました
 
Chinese? Japanese?にはじまり
ラトビアから来たことを言うと
NO LATVIA ISTUMBUL NO.1
などなど高速を100キロオーバーで爆走しながら陽気に話してます
 
その後
「翌朝のイスタンブール観光××リラでやらないか?」
「何⁉︎翌日にミラノへ行くんだって⁉︎3時間で帰れるよ!」
という誘い文句が
 
金額は3000円くらいだったと思います
まあ現実的な金額な気はしましたが(相場はもっと安いかもしれません)
体力に余裕があれば市内に行ければくらいで、ホテルと空港のラウンジでゆっくりするつもりだったので、断りました
 
タクシーで10分ほどで到着
 
 

チェックイン

レセプションで
「バスがないってどうゆうことだ」と確認すると、なぜか苦笑い
翌日はもちろんあるということを確認して部屋へ
 
ホテルに泊まるのはワルシャワ以来3日ぶりです
部屋に着いたのが夜の12時前ころだったので、シャワーを浴びてすぐに寝ました
(部屋の写真撮り忘れました… でも広くて綺麗でした…)
 

朝食 

翌朝7時頃に目が覚めました
ハードスケジュールで旅行していることに加え、昨夜のイライラで頭痛が…
市内観光はいいや、と思いながら、地下の朝食会場へ向かいました
 
入り口には陽気なトルコ人
「おはよう!日本人?長友最高だよね!」
みたいなことを言いながら中へ案内してくれました
 
種類も多く色々楽しむこともできました

f:id:hagetaka_traveler:20181202213017j:plain

会場を出るときも
イスタンブールにどれくらいいるの?
えっ⁉︎たった一泊でもう帰るって⁉︎
楽しいところ多いからまた来てね‼︎」
トルコの人たちはとても陽気です
 

チェックアウトして空港へ

部屋に戻ってしばらく休んだ後、バスの出発時刻に合わせてチェックアウト
 
バスの出発時刻までエントランスのソファーで待ってると、離れたところで日本のパスポートを持った日本人女性が
年齢は私と同じくらいの大学生といったところくらいです
東京から乗り継ぎで来たのかな…
と思っていると、バスのドライバーがその人に近づいて
「荷物運んであげるよ!」
と言ってバスへガイドしてました
何て親切なんだ…なんてことは全く思わず、きっとチップって言われるんだろうなと思ったら想像通りの結果でした
 
運ぼうか、と聞かれることもなくバスに乗り込み、空港へ向かいます

f:id:hagetaka_traveler:20181202212857j:plain

 
 
YouTubeにもいろいろ投稿するので是非チャンネル登録お願いします

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 学生一人旅へ
にほんブログ村