Hagetaka.work / 大学生がお得に旅行する情報を公開中

ANAプラチナ会員の大学生による旅行記やお得情報を公開

北海道東日本パスを利用して電車の旅!7日間で10850円とコスパ抜群のきっぷを紹介します!

2019年の夏は【北海道東日本パス】というものを購入して、電車旅をしてみました

この【北海道東日本パス】というものについて、解説をしていこうと思います

f:id:hagetaka_traveler:20190902075938j:plain


 

北海道&東日本エリアの電車旅なら北海道東日本パス!

JR線において乗り放題きっぷとして有名なものというと、青春18きっぷになります

それに対して、この北海道東日本パスというものは簡単にいうと青春18きっぷの北海道東日本バージョン

利用できるエリアに制限がありますが、使い勝手はかなり良いです

f:id:hagetaka_traveler:20190902075636j:plain

 

北海道東日本パスって?

JR東日本と北海道によって発売されている切符となります

 

・利用可能期間

(春)3/1〜4/22 ※発売期間は2/20〜4/16

(夏)7/1〜9/30 ※発売期間は6/20〜9/24

(冬)12/10〜1/10 ※発売期間は12/1〜1/4

以上の期間限定で購入・利用することができます

通年で利用することができるわけではありません

 

・有効期間…連続する7日間

ただし、青春18きっぷと異なり、7日間を他の人とシェアするようなことはできません

1人で7日間旅行しなければならず、複数人で旅行する場合はその人数分の切符が必要となります

 

・値段…(大人)10850円 (子供)5420円

 

・利用可能路線…JR北海道JR東日本青い森鉄道IGRいわて銀河鉄道北越急行普通車自由席、BBT

f:id:hagetaka_traveler:20190902075828j:plain

 

北海道東日本パスと青春18きっぷとの比較

どちらの列車もJR路線の普通列車・快速列車に乗り放題である点に関しては差はありません

しかしながら、旅行プランによってはどちらのきっぷを買う方がいいのかというのが大きく異なります

 

【北海道東日本パスのメリット】

☆有効期間が北海道東日本パスの方が長い

青春18きっぷはの利用期間は、(春)3/1〜4/10 (夏)7/20〜9/20 (冬)12/10〜1/10となっています

冬期間については差はありませんが、春と夏については北海道東日本パスの方が長く設定されています

そのため、北海道東日本パスの方が旅の計画を立てやすくなります

☆北海道東日本パスなら東北を結ぶ第三セクターに乗車可能

北海道東日本パスは青い森鉄道IGRいわて銀河鉄道を利用することができます

こちらの区間については青春18きっぷを利用することはできなくなっています(八戸〜青森間の青い森鉄道については通過利用することができます)

盛岡から八戸までの乗車券は3000円以上してしまうので、青春18きっぷの旅行をしている際に電車代に別途3000円はもったいないです

そうしたことから、北へ行く場合は北海道東日本パスの方が便利です

☆北海道特急オプション券

北海道東日本パスと合わせて【特急オプション券】というものも販売されています

ただし、料金が少し高めに設定されており、1日分で6000円となります

自分は購入しませんでしたが、北海道の都市を移動するのは距離が離れており、時間がかかります

また、普通列車の本数より特急の方が多いような区間もあるので、北海道中心で旅行する際には検討してもいいかもしれません

☆特定特急券の購入で新青森新函館北斗の新幹線移動が可能に!

北海道東日本パス利用の際には、特定特急券を購入(3930円)することで北海道新幹線の全区間である新青森から新函館北斗まで乗車することが可能になります

それに対して、青春18きっぷ利用時でも【北海道新幹線オプション券】というものが販売されています(2300円)

料金だけで比較すると青春18きっぷに軍配が上がりますが、北海道新幹線奥津軽いまべつ木古内までと道南いさりび鉄道木古内五稜郭となります

奥津軽いまべつ駅に停車する北海道新幹線の本数がかなり少ないことに加えて、奥津軽いまべつ駅に乗り入れている在来線の津軽線も本数が少ないので、乗り継ぎが困難になります

そのため、青春18きっぷ利用時に購入することができる北海道新幹線オプション券は安いですが、かなり使い勝手が悪くなります

一方、北海道東日本パス利用時に購入することができる特定特急券は、新幹線の主要停車駅である新青森と終点の新函館北斗の間を利用することができるので、利便性を考えると圧勝です

本州と北海道を結ぶ鉄道は新幹線しかないので、北海道東日本パスと特定特急券の組み合わせがスムーズな移動となると思います

(ちなみに青森〜函館間の移動はフェリーという選択肢もあります)

 

【北海道東日本パスのデメリット】

△分割利用ができない

上でも記述したように、北海道東日本パスは7日間の連続となります

それに対して、青春18きっぷは5日間(5回分)を分けて利用することができます

そのため、1週間旅行し続けないと損となってしまいます

 

まとめ

長期休暇期間には国内・海外旅行に出かける人も多いと思いますが、青春18きっぷや今回紹介した北海道東日本パスを利用して、電車の旅をしてみるのもなかなか楽しいものです

車窓から見る豊かな自然や、ふとした所に絶景があったりと、贅沢な時間を過ごすことができますよ

 

北海道東日本パスを利用した旅の様子をYouTubeでも紹介しています!是非チェックしてみてください!

【#1-①】宇都宮線を利用して都内から黒磯まで / 宇都宮で餃子を食べる

youtu.be

【#1-②】東北本線で福島へ! / 黒磯⇒福島

youtu.be

【#1-③】東北本線 福島⇒仙台 / 伊達政宗像を見に行く! 

youtu.be

【#1-④】東北本線で北上へ / 1日目はここで終了! 

youtu.be

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 学生一人旅へ
にほんブログ村